048-278-9256

〒353-0004 埼玉県志木市本町4-6-4

【営業時間】10:00~19:00 【定休日】不定休 [完全予約制]

Facebook
Instagram

埼玉で産後ケアを行うならponoへ~産後の身体の冷えを対策する方法~

埼玉で産後ケアを行うならponoへ~産後の身体の冷えを対策する方法~

「産後に身体が冷えるようになった」と感じる方は、珍しくありません。家事や赤ちゃんの育児に追われて、なかなかご自身の産後ケアに時間を取れない場合もあるかもしれませんが、冷えは万病のもととも言われております。

埼玉にある妊活サロンponoが、産後の身体が冷えやすい理由や対策方法をお伝えいたしますので、ママの産後ケアやマタニティ生活にぜひお役立てください。

産後の身体が冷えやすいのはなぜ?

妊娠や出産により、女性ホルモンの分泌量が変化し、自律神経が乱れやすくなります。自律神経は、体温を調整する機能をもっているため、自律神経のバランスが崩れると上手く体温を調整できず、身体の冷えにつながりやすくなるのです。

また、産後の授乳により鉄分が不足してしまうことも、身体の冷えを招く原因となります。鉄分が不足すると、赤血球の数が減少し、十分な酸素を全身に運べなくなるためです。

その他、運動不足や骨盤の歪み、ストレスが影響する場合もあります。

身体を温める生活習慣を

温かい飲み物を選ぶ

冷たい飲み物は、身体を冷やしてしまいます。温かい飲み物、または常温の飲み物を選ぶようにしてください。タンポポ茶やほうじ茶、温かいスープに生姜を加えて飲むのもおすすめです。

 

 

露出を控える

露出の多い服は、身体を冷やす原因になります。冬場はもちろん、夏場もクーラーで身体が冷えることがあります。カーディガンを持ち歩いたり、腹巻を活用したり、工夫してみてください。

ストレッチを取り入れる

筋肉を伸ばすと、血流がスムーズになりやすく、全身を温めるのに役立ちます。無理のない程度に、ヨガを取り入れてみるのも良いです。

埼玉の妊活サロンponoが、産後の身体が冷えやすい理由や、対策方法をお伝えいたしました。埼玉県志木市にあるponoでは、マタニティ・産後ケアに最適なバザルトストーンを活用したリンパトリートメントを行っております。筋肉の緊張を緩めるように、50℃前後に温めたバザルトストーンで優しくアプローチいたします。

埼玉、東京などの埼玉近隣で妊活・マタニティ・産後ケアなど女性特有のお悩みがある方は、遠慮なくお問い合わせください。埼玉のサロンで行う産後ケアでは、バザルトストーントリートメントの他にもスピリチュアルカウンセリングや、アロマタッチトリートメントをご提案することも可能です。

埼玉で産後ケアを行うならponoのご利用を

店舗名 WEC認定妊活サロン pono
住所 〒353-0004 埼玉県志木市本町4丁目6−4
TEL 048-278-9256
営業時間 月〜土 AM10:00~PM7:00
定休日 不定休
URL https://www.pono-iyashisalon.com/