048-278-9256

〒353-0004 埼玉県志木市本町4-6-4

【営業時間】10:00~19:00 【定休日】不定休 [完全予約制]

Facebook
Instagram

埼玉で妊婦トリートメント・マタニティ期の美容ケアなら~妊娠線を作らないために~

埼玉で妊婦トリートメント・マタニティ期の美容ケアなら~妊娠線を作らないために~

「妊娠線を作らないためには、どうしたら良いのだろう?」「そもそも妊娠線って何?」と疑問に思われている妊婦さんもいらっしゃると思います。埼玉で妊婦トリートメントを行うサロンponoが、妊娠線の基礎知識についてお伝えいたします。

マタニティ期の美容ケア・妊婦トリートメントを受ける際の知識としてお役立てください。

妊婦トリートメントをお考えなら、埼玉にある美容サロンponoへお越しください。不安の多いマタニティ期の方にも安心して施術を受けてもらえるよう、心と身体を優しくサポートをいたします。妊婦トリートメントの他、産後ケアのトリートメントもございますので、ご出産後のケアもお任せください。埼玉のWEC認定妊活サロンで妊婦トリートメントの施術をぜひご体験ください。

妊娠線とは?

マタニティ期の悩み妊娠線とは?

真皮や皮下組織の繊維が裂けてできる線のことを、妊娠線と言います。妊娠すると赤ちゃんの成長とともに、急激にお腹が大きくなります。皮膚表面は、身体の変化に合わせて伸びるのですが、真皮や皮下組織はその変化に追いつけず、裂けてしまうことがあるのです。

妊娠線は赤紫色をしていますが、時間が経過すると白くなります。お腹以外に、胸やお尻、太ももなどにできることもあります。

また妊娠線は、ストレッチマークや脂肪線とも呼ばれ、いわゆる肉割れの状態です。そのため妊娠中だけではなく、急に太った場合や、皮膚を強く伸ばすような運動を行った場合にもできることがあります。

妊娠線を作らないためには乾燥対策を!

保湿オイルやマタニティクリームでマタニティケアを

皮膚は乾燥すると伸びにくくなるため、妊娠線ができやすくなります。皮膚の柔軟性を維持するためには、保湿ケアが重要になります。安定期に入る妊娠5ヶ月頃を目安に、ケアを始めるようにしてみてください。

特にお風呂上りは、急激に乾燥しやすくなりますので、保湿オイルやマタニティクリームを使用して、しっかりケアすることをおすすめします。ただし、お腹の張りを感じたり、皮膚が荒れたりした場合は、すぐに中止して医師に相談するようにしてください。

埼玉で妊婦トリートメント・マタニティ期の美容ケアをご検討中の方は、ponoへお問い合わせください。埼玉県志木市本町にあるponoでは、妊娠中のお悩みだけではなく、妊活・産後ケアなど女性特有のお悩みに寄り添い、丁寧にカウンセリングいたします。

心地よい温かさのバザルトストーンを活用した妊婦トリートメントや、妊活中のストレスの解消に役立つアロマを用いたトリートメントなどの施術を提供中です。美容・健康を維持しながら、笑顔でお過ごしいただけるようサポートいたします。埼玉県内・埼玉近郊にお住まいの方はどうぞ妊婦トリートメントをご利用ください。

埼玉で妊婦トリートメントを行うサロンならpono

店舗名 WEC認定妊活サロン pono
住所 〒353-0004 埼玉県志木市本町4丁目6−4
TEL 048-278-9256
営業時間 月〜土 AM10:00~PM7:00
定休日 不定休
URL https://www.pono-iyashisalon.com/